ハイイロ アザラシ 学名。 イルカ襲う、つぶらな瞳の無慈悲なアザラシ

ハイイロアザラシとは

潜水が得意で水深300mから最大で1500m付近まで潜ります。 3m体重最大300kg、雌:体長1. 聴覚 [ ] ゴマフアザラシの頭部。 南極の王者ヒョウアザラシ アザラシの仲間とは思えぬ獰猛さを持ったヒョウアザラシですが頭も良いようで、獲物を一度に食べてしまわずに、海底に食料を隠して保存食を作っている事が最近の研究で分かったそうです。 条令が実施される前は、にわずかな数の営巣地(コロニー)が見られるのみであった。 つまり、この分類から見れば、 鰭脚類は最初から海の中で進化してきたのではなく、 陸上で繁栄していた哺乳動物のうち、陸から海へと生活の場を広げていった種族の末裔にあたる 「海へ還った哺乳動物」であることがわかります。

Next

アザラシ

全部で6館。 また、 ジュゴンと マナティは、同じように海へと還っていった動物ですが、 ウシやウマのような草食動物の仲間を先祖とする 海牛目に分類されており、 肉食である クジラ目や 鰭脚類とは異なる系列の動物ということになります。 なお陸上にアザラシがいる際、目の下が濡れて泣いているように見えるときがあるが、これは涙を鼻腔に流す鼻涙管が無いためでヒトのように泣いているわけではない。 体長約2m。 content• Phoca vitulina mellonae (英語名:Lac Des Loups Marins Seal) カナダのアンガヴァ半島のハドソン湾流域の河川や湖の淡水に生息している陸封型です。 昭和30年代以降はみやげ物の革製品の材料として多く捕獲された。

Next

バルト海の汚染とともに激減したアザラシ

日本近海には5種のアザラシが生息しているが彼らは「すみわけ」をしているように見える。 Hooded seal,• バルト海の汚染とともに激減したアザラシ バルト海の汚染とともに激減したアザラシ バルト海のアザラシは、過去30年間で少しずつ消えていった。 魚類や無脊椎動物を食べるが、たまに海鳥も食べる。 体重は400~600kg。 オキアミ類を好んで食べるらしい。 6m~2m体重100~150kg ハイイロアザラシは一部地域で毛皮目的の狩猟が行われていますが、海洋動物が手厚く保護されているアメリカの沿岸などではむしろ個体数が増加傾向にあります。

Next

アザラシ

雄のほうが雌よりも毛色が濃い。 Hawaiian monk seal,• 北大西洋、北極海に生息しています。 この手法で多い時は1日に12羽ものペンギン達を捕食します。 日本近海では北海道を中心に、、、、の5種のアザラシが見られる。 今回の新たな発見も、私たちが野生生物についてどれだけもっと多くのことを学ぶ必要があるかということを証明しているといえるでしょう。

Next

水族館

澄んだ淡水中で獲物を探すため、よく見えるように目が大きく発達しているのが特徴。 これは、ホルモンの異常によって引き起こされたと考えられている。 アザラシ猟 [ ] 日本 [ ] 日本では古くからアザラシ猟が行われてきた。 名前はまだない。 ハイイロアザラシが補食したとされるゼニガタアザラシの多くは、実際には船舶のスクリューに巻き込まれて体がちぎれたのであり、ハイイロアザラシはその死骸をあさったに過ぎない、とトンプソンは考えている。

Next

ハイイロアザラシ|海棲哺乳類データベース

環境の破壊や、毛皮などの目的の乱獲により年々生息数は減ってきています。 Mediterranean monk seal,• 北海道のアイヌや開拓期の入植者も利用した。 背中の中央から尾に向かって斜めにV字型の黒色帯の模様があり、これが竪琴に似ていることが名前の由来。 ズキンアザラシ属 Cystophora• Pusa hispida ochotensis カムチャッカ、オホーツク海、日本の太平洋沿岸に生息しています。 分布 [ ] から、南極まで幅広い海域に生息する。

Next