ヲシテ文字 あわのうた。 「あわのうた」を歌って心と身体を整えよう!|がん治療 予防最前線!決してあきらめない!!

ホツマツタヱ

遺し文サガお絶つアヤ)• ミオヤカミフナタマのアヤ(27. 世継ぎ告る祝詞のアヤ)• 日の神十二后のアヤ)• 13アヤで8行の抜け個所あり。 概要 [ ] 『ホツマツタヱ』の成立時期は不詳であるが、安永8年版と安永9年版の二種類の版本が『春日山紀』にある。 を参照• 驚きとともに、目からウロコが落ちる思いです。 例えば、外二点の濁点での濁音表記は、漢字時代 になってからの付加物であると考えられているという。 『フトマニ』全巻(小笠原長武本)発見。 このあわのうたの起源ですが、「ホツマツタヱ」によると、イサナギ、イサナミの二神(フタカミ)が起源とされます。

Next

Reading

ウガヤ葵桂のアヤ)• 「ヲシテ」は、近世以降の経緯から「 ホツマ文字」「 秀真文字」「 伊予文字」、「 オシテ」「 ヲシデ」と表記される場合もある。 ホツマツタヱの意味 [ ] 従来説 和仁估安聡説 [ ] 漢訳すると『 秀真』となる。 48音 (ヨハネですね)は、今で言う50音最初の「あ」から始まり、最後の「わ」で終わります。 ゼロでは無いことがとっても重要です。 参考URL:タノオシテ ミヒカリマルノ ウチニヰル 外部リンク [ ]• ミマキのミヨミマナのアヤ(34. 瞑想が苦手なわたしですが、不思議とその時だけは無になれるのです。

Next

フトマニ図 / ヲシテ文字 / あわのうた / ヤンガスさん

岩波書店版『』に記載あり)。 スポンサードリンク 「ヲシテ文字」とは何か ホツマツタヱは、ミカサフミやフトマニと並んでヲシテ文献と呼ばれますが、それは、ヲシテ文字で書かれているからなのですが、この「ヲシテ」の意味とは、によると、ヲシ=愛くしみ教える + テ=手、為しゆく手段…ということだそうです。 あかはなま いきひにみうく ふぬむえけ へねめおこほの もとろそよ をてれせゑつる すゆんちり しゐたらさやわ 五七調ですね。 また、複数の文字が連続すると、それぞれの音が連続するだけでなく、相図象・態図象も連続して、より複雑な意味を表現することができる。 そして占う時は、(ア、イ、フ、ヘ、キ、オ、ス、シ)の八字と、ミソフは対となり、十六字となって組み合わせ、その中から言霊の意味を悟り、占うとされていたようである。 目に見えない世界に直接働きかけ、そのパワーや空間を見える世界に導く働きがある。

Next

日本の古代文字「ヲシテ」 | i

鶏合せ、橘のアヤ)• うつ病が治った。 『 ホツマツタヱ』には、複数の写本が現存している。 神崇め疫病治すアヤ)• が含まれているおそれがあります。 全編がこのようなによるで記述される。 宇宙の法則も丁寧に描かれていてスゴイと思いましたが、なんか盛り上がれませんでしね~。 もう一つ。

Next

あわの歌 20p 本当の国学としてのヲシテ文献、 『ホツマツタエ(ye)』・『ミカサフミ』・『カクのフミ(『フトマニ』など)』

だが、「アのヒマキ」などの区分は、ヲシテ時代においておこなわれていたのかどうかは、根拠がない。 胎み慎しむ帯のアヤ)• 下部の漢字は伝承中に加えられた解説。 その結果、これまで多くの人々は、祈祷師や霊能者の告げる言葉に惑わされ、迷い悩み、辛い悲しい人生を送っている。 スポンサードリンク 全国的に広がりを見せる「あわのうた」- — — まとめ (画像:) あわのうたを皆で集まって歌おう、といった素晴らしい取り組みが全国に少しずつではありますが、広まっているようです。 自分の思っている地球に、自分は今いる。

Next

ヲシテ

このうたにどんな背景があったのか 続きは次回触れようと思います。 鹿島断ちツリタイのアヤ)• これら3文献は、古事記・日本書紀のいわゆる記紀の大元となった原書とも言われており、記紀のように余計な創作物語をねじ込まれたり、大事なトコロをバッサリとカットされたり、為政者の都合によって改竄されたりすることなく、我々にそのままの真実を伝えてくれているものだと思っています。 48文字の基本文字があり、変体文字を含めると197文字が確認されている。 13アヤで8行、16アヤで8行の抜け個所あり。 スポンサードリンク 感想 なんかちょっと中途半端なスペクタクルマンガでしたね。 ウツホ(気体・空)は目に見えないが「ある」波動の高い状態、カセ(冷たく降りる・風)や、ホ(温かく昇る・火)はどちらもスパイラルエネルギーです。

Next

フトマニ図 / ヲシテ文字 / あわのうた / ヤンガスさん

ヒコミコトチをゑるのアヤ(25.。 しかも、難しい顔をして歌うのではなく、喜びの気持ちを持って歌いたいものです。 はなどを用いてください。 (1955年、大阪生まれ。 ミマキの御世任那のアヤ)• ヲシテ文字以外では、アマテルカミなど、カタカナ書きにすべきです。 『定本ホツマツタヱ』(池田満、展望社)、『ホツマツタヱを読み解く』(池田満、展望社)• フトマニ図 検索してみてください。 目録 [ ] 和仁估安聡本(やすとし本) ホツマツタヱの目録 「ヲシテをカナに直したもの(と漢訳文)」 古い時代の、ヲシテ文献の成立時代には、アヤの番号での呼び名は「ふそむのあやに」(ホ0-18)の用例がある事から、アヤ番号は用いられていた事が判る。

Next