アタック 級 潜水艦。 豪州潜水艦受注が仏から日本へ~日豪に生じるメリットは何か

新型潜水艦で海上防衛強化を図るオーストラリア

net アタック アタック No. オーストラリアメディアは、アタック級潜水艦の調達完了時期が2050年頃(2080年頃まで運用予定)という点を問題視し、既に先進国の一部ではAIを搭載した無人潜水艦の開発が進められているので、アタック級潜水艦を全て揃えた頃には、すでに時代遅れの潜水艦になっている可能性を指摘、アタック級潜水艦プログラムの見直しを促している。 この大手5社は06年以降、情報を交換し、部品供給業者に圧力をかけ、主要コンポーネントの技術仕様を擦り合わせていた。 21 ID:xUYFrL6r0. 2016年12月20日閲覧。 Department of Defence, 2016 Defence White Paper, pp. 73 ID:HEgjC7TW0. china. 2014年11月29日閲覧。 豪州は実績のある既存の潜水艦をそのまま輸入するのではなく、海外で新たに設計された潜水艦(シュフラン級原子力潜水艦をベースにした通常動力バージョン)を豪造船所で建造するという複雑な方式で調達を行うため、12番艦が引渡される頃には計画から30年近くが経過し、引渡される前から時代遅れ(性能だけでなく変化する戦場環境に対応できなくなるという意味)になる可能性が高いという点が最も懸念されている。

Next

オーストラリア新型潜水艦、日本製を不採用にして仏製を選定したら1隻五千億円以上になったでござる

日本のそうりゅう型潜水艦は豪海軍が要求した長距離哨戒任務に必要な航続距離や攻撃用巡航ミサイルの運用能力を備えていない代わりに世界で最も致命的なハンターキラー仕様の通常動力式潜水艦で、フランスが提案したアタック級潜水艦よりもコストが安く、仮に両潜水艦を9隻づつ調達してもトータル的なコストはアタック級潜水艦12隻を調達より少なくて済むと豪メディアは主張している。 最もシンプルなのは、アタック級潜水艦にフランス製のシステムや兵器を採用することだが、オーストラリアはコリンズ級潜水艦に米国製の戦闘システムや搭載兵器を採用しているので、これをフランス製に変更すればオーストラリア海軍が築き上げた潜水艦の戦闘ノウハウや消耗兵器のインフラ、米軍との共同運用を再構築しなければならず譲れない部分だ。 要するにアタック級潜水艦の調達は、日本の倍の時間が掛かるという意味で、そうりゅう型潜水艦12番艦「とうりゅう(リチウムイオンバッテリー搭載タイプ)」が2021年に就役する見込みだが、これが2035年に就役したと考えれば、豪州の懸念も少しは理解できるだろう。 また、中国が生産する高速鉄道車両が国外の高速鉄道にそっくりなのも「まったくもって不思議ではない」と論じた。 2015年2月20日. 純日本製の導入は中国を刺激する可能性があるが、フランスとの共同提案を受け入れる程度なら、そうした批判も回避できるという。

Next

1隻あたり1兆円以上? 豪州、次世代潜水艦「アタック級」に要求される総費用は約16兆円

defensenews. 国内外の消費者は、ドイツ製品の信頼性を疑っている。 04 ID:SK7eHxz00. オーストラリアの公共放送「ABC(豪放送協会)」は11日、豪国防省はコリンズ級潜水艦の後継艦として採用を決めた「アタック級潜水艦」をキャンセルすることを検討していたと報じられた。 2020年5月5日閲覧。 ROB TAYLOR 2014年12月2日. 2020年のオーストラリア国立会計監査局によると、2016年に試算された500億豪ドルを現在の為替レート換算した場合、897億豪ドルになると指摘した。 ROB TAYLOR 2014年6月12日. reuters. 38 ID:ZlSemgV40. 2016年5月2日. 同法によれば、国家革新技術を保有・管理する政府機関のトップは流出防止のための基盤構築に必要な措置を講じなければならない。 2017年12月1日、ハインリッヒ・ハイネ大学デュッセルドルフ日本研究所にて客員研究員。 実際、米国はアタック級潜水艦に統合する米国製システムや兵器のデータがフランスからロシアや中国へ漏れることを懸念しており、米国製システムや兵器をフランスが統合するのではなく、直接、オーストラリアへ提供し、オーストラリア人の手で統合することを提案しているとオーストラリアメディアが報じている。

Next

豪州潜水艦受注が仏から日本へ~日豪に生じるメリットは何か

ところが、オーストラリアのマルコム・ターンブル前首相は在任中の2017年10月に、北朝鮮の弾道ミサイルの脅威などを踏まえて、これに対処するイージス戦闘システムをハンター級に搭載する方針を発表しています。 cnet. 国防省はアタック級潜水艦取得の中止を検討する。 ウォールストリートジャーナル 2014年9月8日 21:37 JST. 2014年9月8日. まずオーストラリアが選択したアタック級潜水艦は、フランスが調達中のシュフラン級原子力潜水艦の推進システムを通常動力(AIP方式)に変更したバージョンだが、フランスは通常動力の潜水艦を建造していないため、必然的にこの部分の設計変更と検証には時間が必要になる。 06 ID:70G0ESVY0. 61 ID:FVyzdPEP0. 2014年11月18日. 航続距離は3万3,000キロ、連続航海日数は最大80日と予測されている。 これは複雑な調達方式に起因する調整に時間が掛かっているためで、2022年からの建造予定が大幅に遅れ、この遅延がプログラム全体の費用を押し上げる要因になっている。 しかし同国内では最近になって、キャンベラ級にF-35Bを搭載すべきという意見や、キャンベラ級とは別に、F-35Bを運用できる軽空母を保有すべきとの意見が強くなっています。 さらに、ドイツの高速鉄道と違う点は「中国高速鉄道の前頭部は新幹線やフランスのTGVに似ている点だ」と論じた。

Next

アタック級潜水艦

当初、オーストラリアは12隻調達するアタック級潜水艦の費用を「500億豪ドル(約4兆3,000億円)」程度、1隻あたり約3,600億円と見積もっていたが、この費用はもう800億豪ドル(約6兆円)、1隻あたり約5,000億円まで上昇している。 日本との関係強化も進められていますが、そこにはどのような狙いやメリットがあるのでしょうか。 補足:アタック級潜水艦の1隻あたりの建造価格は単純計算で5,000億円、ライフサイクルコストまで含めた1隻あたりの総費用は1兆3,000億円となる。 さらに、ドイツの鉄道産業界からは中国製の車両や部品導入ついて、絶えず「警告」の声があがっていたと伝え、ドイツ金属産業労組の関係者が「ドイチェ・バーンが税金を使って中国製品を購入することには賛同できない」と反発している。 しかし今、自動車業界の技術と倫理の信頼性、 そしてその延長にあるドイツ経済全体の堅実性が疑問視されている。 イ議員はまた、「ライバル国は業界関係者を買収する方式で技術を盗み出しており、情報・捜査当局による監視も強化すべきだ」と訴えた。 続けて、中国の高速鉄道に乗車したドイツ人ならば「ドイツに帰ってきたような錯覚を覚えるだろう」とし、その理由として「中国高速鉄道はドイツの高速鉄道そっくりだから」と指摘。

Next

コリンズ級潜水艦

結局、アタック級潜水艦は1隻あたり、ライフサイクルコスト込みで約1兆3,000億円もの費用が投じられることになると言う意味だ。 オーストラリア海軍は今回、共同訓練に参加した「ホバート」のほか、同型艦の「ブリスベン」を2018年10月に就役させており、3番艦の「シドニー」も2020年の就役に向けて洋上試験が行なわれています。 8 m 幅 7. 兵器は電子機器はや等多彩な国のものが採用されている。 2017年には、オーストラリアでを製造する世界的な自動車メーカーは存在しなくなる。 リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 1隻あたり1兆円以上? 豪州、次世代潜水艦「アタック級」に要求される総費用は約16兆円はてなブックマーク - 1隻あたり1兆円以上? 豪州、次世代潜水艦「アタック級」に要求される総費用は約16兆円 プレビュー 1隻あたり1兆円以上? 豪州、次世代潜水艦「アタック級」に要求される総費用は約16兆円はてなブックマーク - 1隻あたり1兆円以上? 豪州、次世代潜水艦「アタック級」に要求される総費用は約16兆円 1隻あたり1兆円以上? 豪州、次世代潜水艦「アタック級」に要求される総費用は約16兆円 がした「そうりゅう型」の新型を破って、にされたフラン... 同じものを持てば、お互いの連絡や意思疎通も比較的取りやすいですし、いろいろな国が採用すれば単価も下がって、関係する国にとって良いことになって行くと思います。

Next