スバル レヴォーグ 新型。 新型スバル・レヴォーグは2020年9月にフルモデルチェンジか|最新情報

1.8ℓ直噴リーンバーンターボ! 次期スバル・レヴォーグから始まるスバルのパワートレーン戦略を予想する|ワゴン|MotorFan[モーターファン]

まず、こちらは新型レヴォーグ・プロトタイプ。 レガシィが代替わりを経て大型化し、それに伴って「日本市場向け車種」としてレヴォーグが世界初公開されたのが、ちょうど6年前、2013年の東京モーターショーだった。 これまでティザー写真のみが公開されていた新型レヴォーグ。 昔の話ですがFFの後軸にチェーンを巻いている人がいましたが構造を知らずに安物に飛び付く典型ですね、早い話が良い品物には投資すればいいだけなんですね。 さらにスイッチ1つで、乗り心地を重視したモードから、ひとりで走りを楽しみたい時にスポーティモードにできるモードを持つ「ドライブモードセレクト」をスバルとして初採用している。 わかっていることは ・新開発 ・排気量は1. 当ブログにて公開している内容と織り交ぜながら、改めてご紹介していきたいと思います。 スバルはアメリカではフォレスターを筆頭に大人気ですが、逆にアメリカ以外の市場はまだまだ攻略できてない。

Next

レヴォーグ

そこですでに公開されているレヴォーグ・プロトタイプと現行レヴォーグとの比較ですが、比べやすいよう、一部画像は反転させています。 6Lと大差ない大きさを実現しているという。 高剛性化に寄与する「フルインナーフレーム構造」を採用。 6GT-S EyeSight Advantage Line】3,348,000円 特別装備 【安全性能】• インプレッサ(32. エンジンは従来の2Lターボ&1. 特に今は、昨今の諸事情により新型車の発表・発売が遅れている状況にあるため、ディーラーでも明らかになっていない不確かな情報を確定したかのように掲載するのはさすがにマズいのでは?と思うんですよね 悪影響を及ぼすのはベストカーだけでなくディーラーにも…。 ハンズオフ走行支援を実現した。 水平対向の限界だろね、ボクサーディーゼルが退いた第一の理由は実は排ガス規制以前に片バンクの剛性不足?なんて話も聞いたし それと疑わしい低重心?レオーネやスバル1000時代はエンジンルームのスペースを利用してボンネット下にスペアタイヤを搭載していたし、スバルのエンジニアも然して低重心とも思ってなかったのが本心だろね。

Next

フルモデルチェンジ版・スバル新型レヴォーグSTiがあのテレビCMの聖地にて目撃に!もしかするとCM撮影用のプロトタイプモデルの可能性も?

エンジンは新開発の水平対向4気筒1. (前から噂はあったのですが…) 新型WRX S4の注目ポイントの一つが、新型ターボエンジンが 1. 新型レヴォーグの変速機は引き続きリニアトロニックCVTが採用され、駆動方式もAWD(4WD)のみ。 そこですでに公開されているレヴォーグ・プロトタイプと現行レヴォーグとの比較ですが、比べやすいよう、一部画像は反転させています。 8Lターボのみ。 8kgmを発生するFB20型2Lターボの2種類をラインナップ スバルはこのほどフルモデルチェンジを予定している新型レヴォーグを2020年8月下旬から先行予約の受付を開始すると、全国のディーラーに提示したことがわかった。 また、それに合わせて、STI SPORTも設定されるようです。 レヴォーグ、STI SPORTのプロトタイプが、東京オートサロンで公開されました。

Next

スバル新型レヴォーグが発売延期予定/WRX S4フルモデルチェンジの最新情報2020

ちなみにサイドのプレスラインとドアハンドルとの位置をどうするかによってずいぶんイメージが変わるようで、新型BMW4シリーズでは、このプレスラインを従来型では「ドアハンドルと同じ位置」だったものを、新型では「ドアハンドルの下」へと移動させることで重心の低さを演出した、と紹介されています。 それにばかりか、7月20日に200馬力のBRZもカタログから消えてしまいます。 新型レヴォーグの安全装備はどうなる? 続いては「安全装備」の最新情報。 8リッター直噴ターボ仕様になるようだけれど、どちらかといえば燃費重視となる模様。 新型レヴォーグのテスト走行の様子が撮影されていますが、プロトタイプとほぼ同じデザインに見えます。 マガジンXのフルモデルチェンジ情報でも「スバルらしからぬセクシーなデザインに仕上がっていた」と高評価。 4Lターボエンジンは、最高出力300psオーバーのハイパワーなものになるでしょう。

Next

【先行予約は8月20日に延長!】フルモデルチェンジ版・スバル新型レヴォーグの最新情報をディーラーにて聞いてきた!今年間違いなく売れるステーションワゴンだぞ!

ドライブモードセレクトとは、「スポーツ」「エコ」「コンフォート」など、モードを切り替えることで、パワーユニット、ステアリング、ダンパー、AWDシステムの制御を切り替え、スポーティーな走りから上質な乗り心地まで、車のキャラクターを変えることができる機能です。 将来的には2. ただ個人的には、全幅は1,800mm超えてくるんだろうなぁ…と勝手に予想していただけに、そこまで大幅にサイズアップしてこなかったのは意外でした。 現行1. さらにはワゴンばかりのスバルのランアップ中においても、ルーフに「後ろ下がり」を採用してクーペフォルムを押し出し、積載性を重視したインプレッサ(レヴォーグよりも小さいが、室内空間は逆に広い)や、アウトドアテイストを押し出したレガシィ・アウトバックとも異なる、「スポーツ」を全面に押し出しているクルマがレヴォーグということになりそう。 さらに走り好きにとって嬉しいのは、スバル初の電子制御ダンパーだ。 これらを総称して 「アイサイト・ツーリングアシスト」と呼びます。 新型レヴォーグ「ドライバーモニタリングシステム」搭載 に搭載されたドライバーモニタリングシステムを搭載する。

Next

新型レヴォーグ全情報公開! 8月下旬から先行予約受付開始 発売は9月末に決定!

参照:. ちなみにこのエンジンは、将来的には次期「WRX STI/BRZ/トヨタ86」にも搭載される予定とのことで、こうしたスポーツモデルに含まれるというのも期待が持てますし、こういったシンプルで分かりやすい割り振りをするのもスバルの良いところだと思います。 8L 水平対向4気筒直噴ターボエンジンを搭載し、リーンバーン 燃焼 技術と呼ばれる最新技術により、加速性と環境性能を高い次元にて両立するというのも気になるところ。 現行レヴォーグには、1. 衝突安全性のさらなる向上、軽量化、運動性能の向上、高効率パッケージングによる室内空間の拡大など、1クラス上の「動的質感」を実現すべく開発が続けられている。 レヴォーグの次にはレヴォーグのセダン版であるWRXがそう遠くない将来(2021年?)に登場するだろう。 新型レヴォーグ 搭載エンジンについて 新開発 1. 次世代プラットフォーム「 SUBARU GLOBAL PLATFORM SGP 」を採用。

Next