ボルドー 赤ワイン。 【ソムリエ執筆】フランスのおすすめ赤ワイン15選!特徴、種類も解説

「アッサンブラージュ」とは? ボルドーの秘密 [ワイン] All About

白ワインは、パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー。 ワインに詳しい人は、ボルドーとブルゴーニュの色の違いに敏感ですが、ワインにあまり興味がない人には、臙脂色によく似た色と感じるかもしれません。 ボルドーワインの通販での選び方 ボルドーワインとひと言で言っても、その種類はさまざま。 ボルドーではカベルネ・ソーヴィニョンとメルローに次いでブレンドに使用されることが多いです。 しかし、 たった1メートルしか離れていない隣の土地で作られたワインは「ロマネ・コンティ」とは呼べないぐらいの質の差があります。

Next

【楽天市場】【 送料無料 】1本あたり834円(税別) 格上メドック&トリプル金賞&ダブル金賞入り!ボルドー金賞赤ワイン12本セット 第12弾 【7775210】

メドックで最も歴史あるシャトーの1つで、1989年に日系企業が所有した時代より品質が向上したと言われ、現在はボルドーで著名な家族メルロー家によって運営されています。 シャトー・カロン・セギュール(Ch. 広範囲から収穫されたブドウをブレンドするため、ライトボディからミディアムボディにバランスよくまとめられた良さを楽しむことができます。 セカンドは、ル・プティ・ムートン・ドゥ・ムートン・ロートシルト(1993年まではスゴン・ヴァン・ムートン・ロートシルトの名でリリースされていた。 当たり年格上メドック&トリプル金賞&当たり年2016年入り! ここでは当主のマルティーヌ・カズヌーヴさんが、立体や絵画のアート作品が並ぶ画廊のようなテイスティングルームへと案内してくれた。 酸味がはっきりしたライトからミディアムボディのブルゴーニュワインには、肉料理でも白系の鶏肉や豚肉、魚介にも合わせやすいワインです。 こちらも難しいので、もっと知りたい方はブルゴーニュワインの特集記事を読んでくださいね。

Next

今さら聞けない!!ボルドーとブルゴーニュの違いを知っていますか?

その時の各品種の収穫量や品質によって、毎年ブレンド比率は調整されます。 ボルドーではAOC(Appellation d'Origine Controlee)と呼ばれている原産地統制呼称で、使用できるブドウ品種が限られていますが、使用できる品種をバランス良くブレンドして醸造する、というスタイルが大きな特徴となっています。 ワインの色の違いはさほど大きくはないが、風味の性格には明らかな違いがある。 というのも、ボルドーワインはどれでもほぼ美味しく失敗することはないのですが、ブルゴーニュワインはなかなか複雑で「これだ!」と思うものに出会うのが難しいのです。 味の特徴 さて、醸造の特徴を掴めば、ボルドーワインの味わいの特徴も理解しやすくなってくるはずです。 やはりメルローには柔かさやふくよかさがあり、カベルネ・フランには少し青い香り、カベルネ・ソーヴィニヨンにはチェリーのような伸びやかさがある。 あのメドック格付け1級のシャトー・ムートン・ロートシルトの直系にあたるブランドです。

Next

ボルドーワイン通販

そのときに、イギリス貴族たちは自分たちが住むお城を建て、広いブドウ園を所有し、ワインを造り、そのワインに自分たちのお城の名前をつけました。 ・ブドウ品種:ピノ・ノワール、ガメイ主体など 産地で選ぶ 同じブドウ品種を使っても、産地ごとの環境の違いによって、出来上がるワインは全く異なる味わいのワインになります。 ソーテルヌのワインを手軽に試してみたい!という方におすすめなのがこちら、ムートン・カデ、レゼルヴシリーズ・ソーテルヌのハーフボトルです。 商品名の「シャトー」とは ボルドーワインのほとんどに「シャトー」という名がつけられていますが、このシャトーとはどういう意味かご存知でしょうか? シャトーは、フランス語で「城」を意味する言葉で、王侯貴族や豪商の宮殿という意味も持ちます。 それに引き換え、ブルゴーニュワインは生産量がはるかに少ないため、輸出向けとしてのボトルの形を追求する必要がなく、あくまでも自然なボトルの形として作られたのです。 1855年のパリ万国博覧会では、多く生産されるボルドーワインの品質を世界にアピールするため、ナポレオン3世の命で正式な格付けがおこなれました。

Next

ボルドーとブルゴーニュの見分け方!赤ワイン選びに役立つ

県全域 [ ]• (Ch. ワイン名にもあるように、このワインはボルドー5大シャトーのひとつ、「シャトー・ラフィット・ロートシルト」のワイナリーグループに所属しています。 だけど、実際はそんなことは大したことじゃありません。 タンニンを抽出することよりも果実感を大切に醸します。 フランス語のボルドーは、英語でクラレットといいます。 だから、当時のイギリスでは、ボルドーワインのことを「薄い赤色」という意味の 「クラレット」と呼んでいたそうだ。 「ピノ・ノワール」や「ガメイ」を使った、エレガントな赤ワインも見逃せません。

Next

熟成ボルドー赤ワイン6本セット

世界を魅了する2つの産地ですが、ワインの味わいは全く異なります。 容量:750mL• ボルドーの赤ワインはしっかり存在感がありますので、お肉もそれなりに主張の強いものが良いでしょう。 プラムやブラックチェリーに加え、なめし皮など熟成したメルロの香りが印象的。 に6つある村名のひとつで、町内には、メドックの5つある1級格付けのうちの3つがある。 答え ・A/ ボルドーの風味 ・B/ブルゴーニュの風味 ボルドーとブルゴーニュワインの風味の違いは、もちろん先の葡萄の品種の違いもありますが、 ブドウが育つ土壌と気候の違いも大きく影響しています。 中州地区 [ ]• ボルドーワインの特徴でもある渋みは、熟成とともに柔らかく円みを帯びるので長熟タイプに向いています。

Next

【ソムリエ監修】赤ワインの王道!ボルドーのおすすめ赤ワイン15選

・土日祝日、夏季、冬季休業中は配送をお休みさせて戴いております。 まろやかなワインに!メルロー 「」は、フランスで最も栽培面積が広いブドウ品種です。 船荷として運ぶ際に、この形が船倉に最も安定した形として選ばれたのです。 左岸では、骨格のあるカベルネ・ソーヴィニヨンの強さを和らげるような役割で使用されるなど、主役にも脇役にもなれる万能品種です。 タイプ:赤• 結果、高品質ワインの大量生産・大量輸送を北欧やロシアの王室へ成功させ、確固たる地位を築いていきます。 主体となるのはカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フランの3品種です。

Next