ナルトとサスケどっちが強い。 NARUTOでいまのナルトとサスケってどっちが強いと思う?二人とも...

【NARUTO】サスケ(少年期)とサラダってどっちが強いんだろうな

。 単体なら倒すことも可能ですが、大人数では倒すことが困難になる術です。 これはナルトの「ド根性」とか抜きで考えたらですが、いくら尾獣と仙人モードの力があるとは言え、写輪眼と輪廻眼はチートすぎるからです。 九尾螺旋丸、大玉螺旋丸、螺旋連丸、風遁螺旋丸、風遁螺旋手裏剣、風遁超大玉螺旋手裏剣、仙峰大玉螺旋丸、超大玉螺旋丸、仙法超大玉螺旋多連丸、螺旋吸丸、螺旋乱丸、惑星螺旋丸、ミニ螺旋手裏剣、仙法熔遁螺旋手裏剣、仙法磁遁螺旋丸、尾獣玉螺旋手裏剣、超尾獣玉螺旋手裏剣と 17種類もあります。 今後のストーリーがどのように展開していくのか、ますます楽しみですね!. jsp? 参考までに、「ナルコレ」というアプリの強さ比べでは、ナルトとサスケが同じレベルだったら サスケの方が強いと答えた方が多いようですね。 果たして、ボルトと少年ナルトはどちらが強いのかと思ったので、考察してみたいと思います。

Next

NARUTOでいまのナルトとサスケってどっちが強いと思う?二人とも...

全72巻で完結していて、その内容はただの忍術合戦というものではなく ヒューマンドラマや戦略を駆使した頭脳戦が盛り込まれた作品になっています。 写輪眼を使うとね! 以上です! もう1つ言うならば術の数に関係なくナルトには九尾がついてますから。 。 。 closest '. 相性的にもサスケに1票です。

Next

ナルトとサスケはどっちが強い?最後は腕を失うも現在は義手で復活?

。 そんな人から見たらオメーの誕生日?死んだ日だよwwって言われてる面もあるよね。 。 今ナルトとサスケが戦ったらどっちが強いんだろう?? — リン 10naru10u こちらは10人の回答ですが、10人中7人は サスケが強いと回答したようです。 これを 使用した術者は失明してしまうので、術者は人生に2度しか使えないものです。 そんなナルトの術はいろいろ考察をしたり楽しむことができるので新たな発見があるかもしれませんね。 news-site. 【比較】初期から最も画力が上がった漫画家が凄すぎるwwwwww• そんな中、 サスケはナルトに会いに行くと、 大筒木カグヤの城から 『巻き物』を手に入れて帰ってきていました!! サスケは、 大筒木カグヤの城を発見し、 潜入すると、、、そこには、 大筒木キンシキと 大筒木モモシキが登場!! 大筒木キンシキと戦闘になるが、 あのサスケと互角に渡り合い、 チャクラの使いすぎもあってか、戦闘の途中で離脱しました。

Next

ナルトが死んだ?!続編「ボルト」で死亡説が流れている原因

— KOーNOSUKE 眠り魔 a54s3n6 うちは イタチの右目の万華鏡写輪眼の瞳術で、目のピントの合った場所に 高温の黒い炎を出現させます。 スポンサーリンク 4.「ナルト」の死亡で受けた原作へのダメージはどれぐらい? 漫画・ボルトの第一話の冒頭で、 ナルトが死亡しているような描写が見られました。 ナルト全72巻の中で、2人の闘いが描かれていることも何度かありました。 。 」 —? シカマルは筆記をサボっていた描写はあれど忍術に関しては一定の評価を得ていたのでは? 紅班には優秀なシノと並以下のヒナタがいるのでバランスは取れている。

Next

【NARUTO】ナルトとサスケ結局どっちが強いの?

いま仮にサスケとナルトが、1対1でたたかってたら前者におされていたでしょう。 ボルトがどうしてもかすんでしまうから都合が良い• 近接戦闘では有効かもしれませんが、千鳥以上の技が多いことも事実です。 このことからボルトの淨眼は、とてつもない脅威に対抗できるほどの力があると思われます。 この術には イザナミというもう一つの禁術で破ることができますが、自分に有利な状況に書きかえられるというスキルは凄まじいので、ここぞという戦いの時には有効とも思えます。 時空間忍術で強力なものは他にもあるのですが、これは 手軽に使えて効果がある術だと思います。 。 。

Next

NARUTOの世界で1番強いのってサスケで決まりだよな?(画像あり)

原作「」20周年を記念して新章がスタートしています。 仙術を使用すればある程度感知できるようですが、完全ではないのでなかなか難しい部分もあります。 一周忌とか死者を祝ってやってんのかな.... ヒロアカのキャラでとあるの「一方通行」にどれくらい通用すると思う? find '. 大量のチャクラを使用し、使用を重ねると視力が低下していきます。 。 さらにナルトの原作者である岸本先生が、インタビューで ナルトの人物を殺しても構わないから自由にやってと答えているのです。 。

Next