フェデラー レンドル。 【フェデラーの新しいバックハンド!】フェデラー練習動画&ネオバックハンド特集【全豪オープン2017】

フェデラーにサンプラス、元世界No.1の顔ぶれで見るテニスの歴史

2019年1月18日閲覧。 ジョン・イズナー VS ニコラ・マユ(2010 WIMBLEDON FIRST ROUND) 史上最長。 (1973年)• グランドスラム18勝。 2010年2月16日閲覧。 やはりフェデラーはカリスマ紳士ですからね。 2018年7月3日. 9% 、年間最終ランキングを2位で終え、前年の不調から一転、好調な一年であった。 2008-2020 計209週• 2019年1月18日閲覧。

Next

フェデラーの全盛期はこんなに最強だった!

(2010年)• 2012年12月27日時点のよりアーカイブ。 2019年1月18日閲覧。 シーズン終盤は足首を傷めてしまい、マスターズ・カップの出場が危ぶまれたが、決勝まで勝ち上がり、1984年にが記録したシーズン最高勝率の更新に王手をかけた。 Clarey, Christopher 2012年7月8日. (2018年)• 母が彼を地元のテニスクラブに入会させてからだった。 2012年2月11日閲覧。

Next

フェデラーの全盛期はこんなに最強だった!

com 2019年12月19日. (2010年)• 2012年7月7日閲覧。 また、ツアー・ファイナルにおける決勝戦の棄権は大会45年の歴史の中で初の出来事であった。 では第2シードとして出場し、決勝へ進出したが、に4-6, 4-6のストレートで敗れた。 1990年に30歳となったレンドルは、恐らく進化する 90年代のテニスに適応しようと考えたのでしょう。 2012年8月31日閲覧。 このときは、レンドルにとってウィンブルドン優勝の最大のチャンスと呼ばれていたが、悲願はかなわなかった。

Next

決定版!歴代最強・史上最高のテニス選手TOP10【男子編】

2010年2月16日閲覧。 ~にかけて記録。 2012年3月19日閲覧。 2018年2月16日. その後、全仏オープンを含む、2017年の全てのクレーコートシーズンの大会の欠場を公式サイトで発表した。 スイス・スポーツマン賞(2003-04, 2006-07, 2012, 2014, 2017)• 🎾本記事のサマリー• 続くの初戦でに7-6, 6-7, 7-6の苦戦を強いられながらも勝利したが、準決勝でに敗退。 現在はシニアツアーやエキシビションマッチ等に出場したりもしているが、現役時代のクールさも健在だが試合中に戯けたり独自のジョークを飛ばしたりして観客を笑わせている。 tennis365. 全盛期が過ぎたあたりからは、 回り込んで逆クロスを放っても返り討ちに遭って苦しくなるフェデラーを見て、寂しさを感じたものです...。

Next

【フェデラーの新しいバックハンド!】フェデラー練習動画&ネオバックハンド特集【全豪オープン2017】

www. オリンピック翌週の8月18日、世界ランキング1位の座をに明け渡し、連続座位記録は「237週」で止まった。 実のところどの数値も母数が少ないからこその結果ではあるのだが、こうもインパクトを強めてくれると嬉しくなる。 BBC Sport 2015年1月11日. 2016年3月8日閲覧。 ボルグ対マッケンローがフルセットで、しかもマッチポイントとセットポイントが交互に繰り返される大激戦の後、ボルグが5連覇を遂げました。 www. では準々決勝でに2セット先取され、第4セットでマッチポイントを3度まで追い込まれるも、6-7 4 , 4-6, 6-3, 7-6 9 , 6-3で勝利。 2019年6月7日閲覧。

Next

フェデラー最強説

6-4, 6-4, 3-6, 5-7, 7-5でアガシが勝利。 その全盛期の前半は ジミー・コナーズ(アメリカ)などの偉大な先輩たちと、後半は(アメリカ)など後に世界ランキング1位に輝く後輩らと覇権を争った。 それらのショットと比較すると、ネットプレーだけはやや不得手であり、それがを獲得できなかった理由であるとも言われている。 年間最終戦:1勝• 試合中に暴言を吐いたり、ラケットを投げたりと 「悪童」と称されたクレーマーだった一方で、その情熱的なキャラクターでファンに愛された。 afpbb. いくら女子とか綺麗でも弱いのは人気ないです、男子も) peter007さんに激しく感銘、激しく同意。 でもそれは自分にとって有利な間違いもあれば、不利な間違いもあるのだからできるかぎり審判に従うべきだとの考えをもっています。 <2006年 年間成績>12大会優勝、92勝5敗 勝率94. Buddell, James 2012年7月16日. atpworldtour. BNPパリバ・オープンは決勝に進出したものの、決勝ではに敗れた。

Next

同時代のライバル、イワンレンドルとボリスベッカー

これにより11月に2002年10月以来14年ぶりにトップ10落ちとなった。 世界ランキング1位が合計で302週、グランドスラムの優勝は合計20回など歴代トップ記録が多い。 2020年6月10日閲覧。 まさにネオバックハンド。 ジミー・コナーズ VS アーロン・クリックステイン(1991 U. 2010年6月12日時点の [ ]よりアーカイブ。 その翌日更新のランキングでサンプラスの記録に並び、翌週も1位を守りきって男子歴代単独1位の記録をつくった。

Next