鏡開き いつ。 鏡開きの意味と由来とは?2020年はいつ?関東と関西で違う?

鏡開きはいつ?意味とやり方は?遅くなってもいい?|hanamaru

実際に刃物では切らずに、小槌、木槌などで小さく割って料理をします。 鏡開きには、必ず歳神さまの魂のこもったお餅をいただくようにしましょう。 神様にお供えしたお餅を食べてご利益を得ましょうという風習なので、やり方と同様に食べ方も 特に決まりはありません。 焼いたりゆでたりすれば大丈夫という人もいますが、 熱に強いカビもあるので注意が必要です。 表面が傷つくだけでなかなか割れないときは、乾燥が足りないことが多いので、風通しの良いところで追って乾燥させると良いでしょう。 松の内が過ぎてから鏡開きを行いましょう。 包丁など刃物を使って餅を切らない 松の内はお正月飾りを飾っておく期間ですので、その間は鏡餅も片付けません。

Next

鏡開きとは?2021年はいつ?関西(大阪)や関東で日が異なる理由

カビを食べるとアレルギーを起こすこともあるので、できればカビの生えた鏡餅は食べたくないという人も多いと思います。 つまり、鏡開きは、 鏡を開き、お餅を「食べる」ところに意味があるんですね。 最近は、お餅料理のバリエーションが増えており、お餅ピザなど様々なレシピがあります。 鏡餅は、「歳神さまへのお供え物」なので、神様がいらっしゃる「松の内」1月7日までの間は下げたり食べたりせずに飾っておきます。 では、なぜ餅を木槌で割っていたのでしょう? それは、刃物で餅を切ることが、武士にとって、切腹を連想させるものであり、縁起が悪いと考えられていたからです。 また、松の内が明ける15日に鏡開きをしているところもあり、京都では、4日に行われています プラスチック橙と年神様 我が家でも、毎年必ず鏡餅を飾ります。 松の内は、お正月の間に松飾りを飾っておく期間のことで、 1月7日(主に関東)または 1月15日(主に関西)までを指す場合が多く、正月7日までの松の内は「松七日」と呼ばれたりします。

Next

鏡開きはいつ?意味とやり方は?遅くなってもいい?|hanamaru

硬さの確認や、手で餅を分ける際には、やけどに十分注意してください。 これで割れるのは、餅がよく乾燥している場合。 関西など15日までとする地方もある。 まとめ 最近は、お供えする鏡餅はパック入りのものが主流となっているため、実際に鏡開きを行う家庭というのは少ないように思います。 その後は、そのまま紙で包んで、他のゴミと袋を分けて出せば、捨てるという申し訳ない気持ちも、大分軽減するのではないでしょうか。 子供のころ、このお餅をいつ食べるのか気になりませんでしたか? これは、お正月によくあるシーン……。 年神様は「なんと、なげかわしい」とはおっしゃらないでしょう。

Next

鏡開きはいつ?意味とやり方は?遅くなってもいい?|hanamaru

1月11日は関東ではまだ松の内だったのですが、神様がいる間に鏡開きを行うのは無礼だ。 一般家庭に、木槌はないことが多いですから、金槌を使うことになるでしょう。 関連記事:• 関東も関西も元々 松の内は1月15日、鏡開きは1月20日とされていましたが、江戸時代に徳川三代将軍家光が慶安4年4月20日に亡くなったことで、徳川幕府のお膝元関東では『月命日の20日に行事を行うのは避けよう』となり、鏡開きは1月11日になったとされています。 「お正月」と言うのは、そう言うものだと思っています。 餅はレンジで加熱しすぎると、ドローっと形がくずれ、扱いが厄介になります。 鏡開きを定着させたのは三代将軍家光 鏡開きを定着させたのは、 徳川三代将軍家光です。 現在は、お正月だけではなく、結婚式や祝賀会などおめでたい席で 「鏡(樽)を開くことで今後の運を開く」という意味を込めて行われます。

Next

鏡開き2020年はいつ?由来は?関西と関東で違うのは何故?

関東と関西の違い さて、前述にて、武士の「刃柄」と二十日をかけて、1月20日に鏡開きが行われるようになったとしましたが、現在は、1月11日が一般的です。 2020年の鏡開き 鏡開きは、お正月の間に飾っていた鏡餅を雑煮やお汁粉にして食べることですが、これには 「松の内」という期間が関係しています。 餅グラタン オーブントースターなどで焼いたお餅をグラタン皿に並べて、ベーコン、ピーマン、玉ねぎなどをのせ、ホワイトソースとチーズをかけてて、250度程度のオーブンでチーズが溶けるまで焼けば、ホクホクでとろけるような餅グラタンの出来上がりです。 詳しくは「」)が明けた 11日に鏡開きをします(松の内を15日とする地方では、鏡開きを15日または20日に行う場合が多いです)。 また、鏡開きが1月11日になったことに伴い、松の内も従来の1月15日から1月7日に変更になりました。 鏡開きの意味とは?なぜ「鏡」? 鏡は昔、青銅製で丸い形をしており、神様が宿ると考えられ、神事に使われていました。

Next

2020年の鏡開きの日にちはいつ?関東と関西の違い・行事の意味について

ですが、幕府は関東にあったため、この風習があまり広まらなかった関西では、本来の1月20日に鏡開きを行う地域が多く残っているわけです。 しかし、お正月は 年神様をお迎えする行事であり、その年神様の依り代となるのが鏡餅ですから、年神様がいらっしゃる間は食べてはいけません(詳しくは「」でご紹介)。 左義長(どんど焼き)などで炊き上げてもらいましょう。 2019年の鏡開きはいつ行う? 鏡開きの日は、毎年同じ日になっており 1月11日とされています。 元々鏡開きは松の内が終わった後に行われていましたからね。 鏡開きの日にできなかったら? 鏡開きは縁起のよい行事なので、できれば家族揃ってやりたいですね。

Next

2020年の鏡開きの日にちはいつ?関東と関西の違い・行事の意味について

2020年の鏡開きはいつ? 1月11日が一般的 鏡開きは「松の内」が明けた1月11日に行われるのが一般的です。 加熱が足りないくらいから始めます。 また、鏡餅を食べることは 「歯固め」と言われ、硬いものを食べることで歯を丈夫にし、歳神さまに長寿を祈るためだと言われます。 ですから、小さなかけらも残さず食べてください。 そもそも、鏡餅は氏神様の依り代のため、包丁で切って食べるのは縁起が悪いと言われており、木づちなどで叩き割って食べるのが正解です。 「松の内」とは お正月飾りを飾る時期のこと。

Next