いいね!光源氏くん ドラマ 無料視聴 7話。 【無料動画】ドラマ『いいね!光源氏くん』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【今日の最新話も視聴OK】

ドラマ「いいね!光源氏くん(2話)」の再放送や見逃し配信はココ!お得に視聴する方法は?【4月11日放送】

最初に飲んだ抹茶ラテを飲んだり、蹴鞠を楽しんだり… 沙織が光くんといつも一緒に歩いた道は夏になると花火が綺麗だと言う話をすると、光くんが「夏になったら一緒に花火を見よう」と約束をしようとするも、その誘いを断る沙織。 NHKドラマの見逃し配信と聞いて思い浮かぶのが、NHKオンデマンドだと思います。 鬼滅の刃(アニメ)• 宇治の源氏物語ミュージアムに行くことを知った沙織の妹の詩織(入山杏奈)もあとからやって来て…。 仕事が終わるや否や速攻帰宅する沙織。 この世に来た意味はなんなのか?今なら京に残してきた女人たちを幸せにしてあげられるのではと思う反面、1人の女人を幸せにしてあげるのも、それはそれで良いことなのではないかと言う光くんに対して、その1人と言うのは沙織の事かとの中将殿の問いかけに対し、うなずく光くん。

Next

いいね!光源氏くん最終回8話あらすじ・ネタバレ!7話の感想・評価評判や見逃し動画の無料視聴方法をチェック♪

再放送:金曜深夜1時05分~1時34分 話数 初回放送日 テレビ再放送 あらすじ・ストーリー 第1話 4月4日(土) 4月11日(土) 藤原沙織(伊藤沙莉)は会社から帰宅した週末、非日常の解放感に浸るためバリで買ったすだれとお香をセットしてうたた寝していると、突然すだれを潜 くぐ って昔の衣装をまとった男(千葉雄大)が現れる。 「いいね!光源氏くん」7話のみどころチェック! <第7話>あらすじを予習 多元宇宙論の研究者であるフィリップ(厚切りジェイソン)から、光源氏(千葉雄大)を元の源氏物語の世界に戻すため京都へ行くよう言われた沙織(伊藤沙莉)。 自己責任でご視聴ください。 4人で宇治の源氏物語ミュージアムに行くと、光は懐かしそうに展示物を見ていた。 NHKの放送番組を配信する『NHKオンデマンド』でも、「いいね!光源氏くん」の配信がされます。 40代女性 京都にたどり着き、カフェで念願の抹茶パフェに女子高生のようにキャッキャする光くんと中ちゃん癒されます。 京都まで追ってきた詩織と合流し、4人でミュージアムの中を見て回った。

Next

ドラマ見逃し|いいね!光源氏くんの動画を無料で見れる動画配信まとめ

その後も2人は一緒に暮らしていたが、どうもよそよそしい関係のままで光も居心地悪そうにしていた。 それは世話をしてくれているという恩からかと思っていましたが、髪が短いから尼だと思っていたというオチには笑いました。 「源氏物語」の中で、雅(みやび)の世に生きていた平安貴族・光源氏が、まったく世界観の違う現代に出現。 伊藤沙莉さんは愛らしい丸顔の女優さんですが、獣道では荒れた少女の役でしたので髪型もすごかったですし演技もすごいものがあったと思います。 紫式部の銅像に、すべてこの女性が自分たちをつくったのかと話す。

Next

「いいね!光源氏くん」7話あらすじ!6話のネタバレ感想や評価評判は?見逃し無料配信動画の視聴方法もチェック♪

こんな光源氏をヒモ同然のように住まわせることになる、地味で自分に自信がない今風のこじらせOL・沙織。 論文を書いていたから光源氏を利用している感じです。 今回の話で光源氏がいなくなって凄く寂しそうにしている沙織がとてもいじらしく見えました。 沙織が、フィリップに言われたスポットに行くと、妹の藤原詩織(入山杏奈)が京都まで来た。 その後、沙織は光源氏が須磨に行くといっていた事が気になって調べたと話し神戸の須磨のことかと光源氏に尋ねます。

Next

いいね!光源氏くん最終回8話あらすじ・ネタバレ!7話の感想・評価評判や見逃し動画の無料視聴方法をチェック♪

沙織は、光に家に戻るように言う。 ドラマ版「いいね!光源氏くん」の動画視聴は何が一番お得? ドラマ「いいね!光源氏くん」はNHKでの放送です。 沙織は子供の時から美人で可愛い詩織と比較されていたと愚痴を言いますが、中将は慰めます。 自分に自信を持って」と励ます。 母親には光源氏と中将が平安時代の人間だとは結局、推測できなかった様です。

Next

NHKよるドラ【いいね!光源氏くん】再放送日や見逃し配信動画を無料視聴する方法は?

烏帽子は外さない代わりに服装は普通にTシャツなどを着て生活をしているのがなんだかシュールです。 しかし、ある日、光源氏が朝帰りをした事で沙織の気持ちが困惑してしまいます。 [解約はこちら]を選択 もし無料期間だけ使いたい方は、解約手続きを行ってくださいね。 しかし、中将とも帰りたいという。 その方法とは、大切な場所を思い浮かばせてながら危険な状態に陥らせると言うもの。 それを見て、光はこめかみが痛むと言う。

Next